• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

安全かつ安心な治療を提供します

院内感染は医療機関でもっとも防がなければいけない重大なトラブルです。ペンギン歯科では、院内感染防止のために滅菌を徹底し、衛生・安全管理の強化に取り組んでいます。当院では特に滅菌にこだわりを持っており、訪れた患者さまが安心して治療を受けることのできる環境を整えておりますから、ぜひ私たちの取り組みについて知っていただきたく思います。

患者さまのお口に入るものはすべて滅菌を行っています

安全な治療を行うためには、治療器具の滅菌は欠かせません。これを怠ると即院内感染を引き起こす可能性もあることから、神経を尖らせている歯科医は少なくありません。当院では、訪れる患者さますべての方が心から安心して治療を受けることができるよう、徹底した滅菌処理を行い、院内感染への対策を施しています。

滅菌と消毒との違い
通常歯科医が使用する治療器具は、診療ごとに消毒、または滅菌が行われます。消毒とは、器具に付着した微生物をあくまで減少させる行為で、滅菌は付着したすべての微生物を死滅させ、無菌状態とすることです。つまり、消毒だけでは器具の滅菌ができないのです。ただし、消毒が全くダメということではなく、器具の用途や材質によって2つを使い分けるのが一般的です。

当院では歯を削る器械も滅菌しています

当院では患者さまのお口に入る切削器具についても滅菌を徹底しています。高圧蒸気滅菌器を使用し、診療ごとに滅菌処理を行います。厳しい衛生管理のもと治療を行っていますので、常時患者さまへは安心の治療を届けることが可能なのです。また、器具の中には滅菌処理が困難なものもありますが、できるかぎり使い捨て製品を使用するようにしています。

使い捨てが可能なものは使い捨てを使用しています

治療の際には必ず使い捨ての医療用グローブを着用してのぞみます。治療後には細菌や微生物が付着する可能性が高いので、感染防止には使い捨てが一番なのです。また、口をゆすぐための紙コップについても同様で、使い捨てが可能である物については、できるだけ使い捨てするようにし、院内の衛生面を高めています。
当院では徹底した衛生管理のため使い捨てを使用しています。