• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

完治するまで徹底したサポートと治療を行います

痛みがなくなったから……
引っ越しして遠くなったから……

このような事情で歯医者への通院を中断されてしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか? 完治しないまま治療を中断してしまうと症状が悪化することも考えられます。しかし、現実には同じ病院に通いづらくなってしまう方がおられるのも事実です。ペンギン歯科ではそのような事情も汲み取りますので、他院で受けて行きづらくなった方も一度ご相談ください。

治療を中断するリスクとは?

虫歯で歯が溶けた場合には、歯の代わりにブリッジや差し歯などの人工の歯(技工物)で補いますが、この技工物を作るにはどれだけ急いでも1週間弱は掛かってしまいます。

しかし、技工物を歯に入れるまでに時間がかかるからといって放置してしまうと、歯の形や噛み合わせが変化してしまい、治療当時にはぴったりだったものが入らなくなってしまうといったことが起こります。

なお、この治療期間中には仮で詰め物を詰めるのですが、あくまで仮のものなので強度は高くありません。また、仮り詰めはのちの治療を考慮して取れやすいものを使用しているため、長期間放置することによって外れ、そこから雑菌が侵入することで虫歯が再発するリスクもはらみます。また削った歯が薄くなっているので、折れてしまうリスクもあるのです。

歯がない方でもリスクがあります
歯がない方でもリスクがあります

虫歯や歯周病、あるいは事故により歯を失った場合は、歯を抜いてすぐにかぶせ物をつくるということはありません。抜歯後に歯を抜いた部分の歯肉が回復するまでに一定の治癒期間を設けます。治癒期間には個人差があり、なかなか回復しない場合に治療を中断されてしまう方がいます。

しかし、歯というものは、噛み合う歯が存在しないと空いたすき間を埋めるために伸びてしまうのです。歯は周囲の歯から力を受けているので、たとえば隣の歯がない場合にはその方向に倒れていってしまいます。

歯にはこのような性質があるので、長期間放置するというのはあまり良いことではありません。後になってからかぶせ物をしようとしても、充分なスペースがないということになり、かぶせ物を装着できなくなってしまいます。場合によっては、何のダメージも負っていない健康な歯を削り、そのスペースを確保しなくてはいけない、ということさえあり得ます。こういった事態にならぬよう、長期間の治療中部位放置は危険という認識を持つようにしましょう。

治療は最後まで受けてください

さまざまな理由から、歯医者への通院を中断してしまった方は大勢いると思います。仕事が忙しくて通うことができなくなった、すっかり忘れてしまった、という方もいれば、痛みがなくなったから治ったと思った、という方も中にはいらっしゃることでしょう。

しかし、痛くなくなったからと言って決して歯が完治したということはありません。腕や足の擦り傷、切り傷とは違い、放置しておいて症状が改善するということはほぼないのです。痛みが治まったのはあくまで神経が侵され痛みを感じなくなったに過ぎません。

次回の来院日時を予約したにもかかわらず、何も言わずにキャンセルしてしまったため行きづらくなってしまった、という人も多いと思います。今さら行っても怒られるのではないか、冷たくされるのではないか、と心配してしまう人もいるでしょう。しかし、歯科医は患者さまの歯を治療することが目的であり、あたたかく受け入れてくれる人間もたくさんいます。それは当院でも同様なので、他院へ行きづらくなった方、一度治療を諦めた方もぜひ一度ご来院ください。

当院で初めて診療を受ける方はコチラ