• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

歯が抜けそう、または抜けてしまった場合はペンギン歯科へ

虫歯や歯周病、あるいは事故などにより歯が抜けてしまった場合、時間が経過するほど元の状態に戻せる可能性が低くなるため、少しでも早く歯を固定、もしくは戻す処置を行わなくてはなりません。

万が一抜けてしまった歯がある場合、水分を含ませた布にくるむなどして乾燥させないようにした状態でお持ちください。転倒などの際、頭を強打した場合、体の他の部位に大きな怪我を負っている場合、まずはそちらを優先し、そのうえで当院までお越しください。

ナチュラルデンチャー

ナチュラルデンチャー

入れ歯を固定する金属バネ部分を歯茎に近い色の樹脂にすることで、入れ歯が目立ちにくく、装着しやすく外れにくいといった特徴があります。薄く、軽く、柔らかい素材で作られているのでフィット感もよく、安心して咀嚼することが可能です。
金属バネがあるために入れ歯が目立ってしまい、友人との外食を楽しめなかったという方もいらっしゃると思います。ナチュラルデンチャーなら自然に歯茎に溶け込んで目立たないため、入れ歯を気にせず笑ったり、外食に出かけたりすることができます。

当院で使用している入れ歯について

保険入れ歯

保険入れ歯

保険入れ歯は人工歯となる部分と粘膜に直接触れる床の部分がプラスチック素材でできています。歯茎にあたる床部分がプラスチックなのである程度厚みが必要となり、違和感は出やすくなっています。また、基本的な素材はプラスチックなので、どうしても匂いや汚れが付き易く、変色なども時に起こります。

利点としてはプラスチック素材を使用した人口歯なので、破損した場合でも修理がしやすく、費用による負担を軽減することが可能な点です。

金属床義歯(コバルトクロム・チタン・ゴールド)

金属床義歯(コバルトクロム・チタン・ゴールド)

床部分が金属製となっており、薄くて破損し難いのが特徴です。また、熱が伝わりやすいという利点もあります。コバルトクロム床は金属入れ歯として最もポピュラーで、チタン床はアレルギー反応が起こり難く、尚且つ軽いという利点を持ちます。ゴールド床は熱伝導が最も良く、体にも負担の少ない素材として知られています。

シリコンデンチャー

シリコンデンチャー

入れ歯を装着している方で、食べ物の咀嚼が困難、あるいは、痛いという人は少なくありません。シリコンデンチャーはそうした悩みを解消できる入れ歯として知られています。高いクッション性があり強い力で咀嚼することが可能で、素材にソフトシリコンを採用したことにより痛みは皆無です。プラスチックと違いしっかりとフィットし、安定した装着感を得ることができます。