• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

お子さまの歯科治療についてあなたのギモンにお答えします

このページでは、お子さんの歯科治療に関して親御さんからいただいたさまざまなご質問とその回答をご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

乳歯の虫歯は大人の虫歯と違いますか?

乳歯は永久歯よりも柔らかく、歯自体の厚さも永久歯の半分程度しかありません。そのため、虫歯の進行は極めて早く、個人差はありますが約半年程度で神経の近くまで達します。見えにくい部分である歯の間で大きな虫歯となっていることもあるので、親御さんは注意してあげましょう。

普段のクセが歯並びに影響あるって本当?

癖と言ってもさまざまなのですが、特に指しゃぶりなどを4歳過ぎても続けている場合は歯並びや顎の成長に影響を与えます。また、頬杖をよくつくお子さまも見られますが、これも左右片側から顎へ力がかかるため、顎関節に悪影響を及ぼす可能性があります。普段から何気なく舌を噛んだり、舌を出し入したりする弄舌癖(ろうぜつへき)、口唇癖(こうしんへき)と呼ばれる上下の唇を噛む癖も歯並びの乱れを引き起こす原因となるので注意が必要です。

子どもにおやつはあげてもいいの?

現代では嗜好性を追求した非常に甘いお菓子が簡単に手に入りますが、チョコや飴などは極力避け、新鮮なフルーツや手作り菓子などをおやつにすると良いでしょう。理想としては、普段の食事でなかなか摂ることのできない栄養素を補充することが可能なおやつが良いです。

子どもの歯の一部が黒く見えるのですが、虫歯ですか?

もしかしたら、虫歯の予兆かもしれません。お子さんが痛みを訴えていないとしても、神経に伝わっていないだけで、虫歯になっている可能性があります。放置すると悪化する恐れがありますので、早めの歯科医受診をお勧めします。

虫歯のなりやすさは遺伝しますか?

歯や唾液の質は遺伝の要素が強いと言われています。お子さんが二人以上いる場合、下の子は上の子と同じように早い段階から甘い物を口にしてしまう傾向にあるので、虫歯を助長しやすい環境と言えるでしょう。注意が必要です。

歯磨きはいつから始めたらいいですか?

可能なかぎり早い段階から癖付けると良いでしょう。赤ちゃんの場合はまだ歯が生えていないので、指の腹などでかるく歯茎をこすって磨いてあげるだけで効果があります。こうすることにより、早い段階からお子さんが口に触れられることに慣れ、お母さんも口を磨くことに慣れるでしょう。歯が生えてきたら、乳歯用の歯ブラシを使用して磨くことをおすすめしています。

子どもの歯が黒いのですが痛がっていません。

乳歯の虫歯は神経が鈍感で、気付きづらいです。痛みを感じ始めると既に手遅れ・・・ということもありますので、できるだけ違和感を覚えたらすぐにご来院することをおすすめしています。

乳歯の奥歯が虫歯かもしれませんが放置しても大丈夫ですか?

よくあるケースとして、6歳臼歯と乳歯を勘違いし、本来なら治療しなければいけない所を放置し抜歯、ということがたまにあります。
お子さんの歯の、前から数えて6番目の歯は乳歯ではなく永久歯です。虫歯を放置すると奥歯を抜歯することにもなりかねませんので、注意してください。

当院でのお子さまの歯科治療はコチラから