• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

小児歯科に対する当院のこだわりと対処

お子さまの多くは歯医者に対して恐怖心を抱いているケースが少なくありません。しかし、だからと言って治療の先延ばし、放置しておくのは得策とは言えません。歯が健康でないと成長期にしっかりとした栄養を摂ることもできないので、まずは親御さんから虫歯についてしっかりと説明してあげましょう。

また、お子さまが不安になったり、トラウマになったりしないよう、適切なフォローやケアをするのも親御さんの役目です。もちろんペンギン歯科もお手伝いしますので、一緒にケアしていきましょう。

お子さまの歯を心配するのは親であれば当然のことだと思います。当院のスタッフもみんな、現在治療にあたっているお子さまが大人になっても健やかな歯で生活していけるよう願いながら治療を行っています。そのためには、中途半端な治療ではなく、先を見据えた治療、そして予防をしていきたいと思っています。当院と一緒にお子さまの歯を守るため、しっかりと予防していきましょう。

当院の検査方法について「ダイアグノデント」

当院ではレーザーの光による虫歯検査が行える、ダイアグノデントを採用しています。レーザーの光を照射することにより、その反射光を数値として表すことができ、虫歯がどれくらい進行しているかを的確に判断することが可能です。虫歯の予防はもちろん、早期の発見にも重宝できます。心配な痛みも全くありませんので、小さなお子さまでも問題なく検査が可能です。

当院の小児予防治療について

シーラント

シーラント

シーラントとは、フッ素を放出する薬を使用し、虫歯になる前にその溝を埋めてしまおうという治療法です。6歳臼歯は溝が深く複雑なのですが、この治療法だと高い効果を得ることが可能です。しかし、効果が永続的ではないので、定期的な治療が必要となります。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯の表面はエナメル質で形成されています。この歯の表面にフッ素を塗布することで、ハイドロキシアパタイトという主成分の構造が安定します。その結果、丈夫な歯となり酸にも強い歯となるのです。幼い頃の歯はフッ素を吸収しやすい傾向にあるので、できるかぎり小さな頃からフッ素による予防を行うことで、健康な歯を維持することができます。

定期検診でずっと安心

虫歯予防に関する治療についてご説明してきましたが、これで虫歯予防が完璧というわけではありません。日々のブラッシングはもちろん、シーラントが適切についているかなども定期的な検診で調べる必要があります。お子さまの生活週間にも気をつけ、総合的にサポートしていく必要があります。

お子さまと一緒に歯医者へ行く際には