• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

お子さんの歯について充分な知識を身に付けましょう

歯医者が嫌いな子どもは少なくありません。しかし、嫌がるからといって歯の痛みを放置してしまっては仮に虫歯だった場合は症状が悪化してしまう恐れもあります。まずはお子さまの歯科治療について親御さんが知識を身に付けることが重要です。このページでは、子どもを持つ親御さんのためにさまざまな情報を提供しますので、ぜひ参考にしてください。

お子さまが歯医者を嫌いにならないために

機嫌の良い時間帯を選んで通院する

機嫌の良い時間帯を選んで通院する

子どもは些細なことで機嫌を損ねてしまうものです。特に、眠くなっている時やお腹が空いている時はその傾向が顕著に表れます。そのため、お子さんをよく観察して機嫌の良い時間帯を狙って予約して連れて来られることをおすすめします。きっとスムーズに診察を受けやすくなるはずです。

まずは親御さん自身がリラックスしましょう

まずは親御さん自身がリラックスしましょう

子どもが歯医者に苦手意識を持つ原因として、親御さんの影響であるという報告があります。親御さんが歯科医院に対し恐怖心や苦手意識を持ってしまうと、お子さんがそういった雰囲気を感じ取ってしまうことがあるようです。まずは親御さんご自身がリラックスされて、落ち着いた気持ちでご来院ください。

治療後は沢山褒めてあげましょう

治療後は沢山褒めてあげましょう

特に小さなお子さんは、治療中に泣き出してしまったりすることがあります。中には酷く暴れてしまうお子さんも事実存在しますが、治療が終わった後には「がんばったね」「えらかったよ」としっかり口に出して褒めてあげましょう。抱きしめるといったスキンシップも効果的です。頑張ったことが正当に評価され、認められたと子供が感じることによって、それが自信につながり、次の来院もスムーズになります。

乳歯の虫歯は放置しないで!

乳歯の虫歯は放置しないで!

乳歯はいずれ生え替わるから虫歯になっても大丈夫とお考えの方がたくさんいらっしゃるようですが、その考えは間違えです。まだ永久歯が生えていない年齢では、特にたくさんの栄養素を摂り入れて成長を促す必要がありますが、乳歯が虫歯になってしまい咀嚼が不十分となり、栄養素をしっかりと摂取することはできません。

乳歯の虫歯を軽視し、そのまま放置することで永久歯の歯並びに悪影響が出るといった問題が出てきます。時には永久歯が虫歯の状態で生えてくる、といった現象も起こりかねません。

このほかに日常生活の中で仕上げ磨きを丁寧に行い、お子さまが虫歯にならないよう気をつけてあげましょう。また、1年に一度は歯科医院で定期的な検診を受けることで、歯医者さんが怖い存在ではないと認識させることもできます。

おや?と思ったらまず確認。子どもの歯に関するQ&Aはコチラ