• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

歯が痛むのならまず虫歯を疑ってみましょう

虫歯は放置していても治りません

歯の痛みや、飲み物が歯にしみるといった症状の場合虫歯の可能性が高いと言えるでしょう。虫歯を患ってしまうと、適切な治療を受けなければどんどん症状が悪化し、重度になると抜歯しなくてはいけなくなります。

しかし、早期の段階で発見し治療にのぞめば歯へのダメージは軽減され、歯を抜くことも回避できるかもしれません。もし「虫歯では?」と思ったら、できるだけ早くペンギン歯科にご相談ください。

虫歯のなりたち、原因について

虫歯がどのような原因でできるかは個人差があるので一概には言えず、人によって違いを生じます。主に歯質、虫歯菌、糖分、時間という4つの要素が絡み合った時に虫歯が発症すると言われており、この原因が大きければ大きいほど虫歯による症状の悪化が懸念されます。それぞれの原因をできるだけ小さくするためには問題となる要素を把握し、適正なケアを施すことが重要です。

歯質

歯質

歯の中にも、虫歯になりやすいものとそうでないものが存在します。歯並びの悪さや歯質の脆弱さにより虫歯を発症するリスクが高まるケースもあります。

虫歯菌

虫歯菌

人間の口の中には数多くの細菌が存在します。ミュータンス菌と呼ばれる細菌は特に虫歯の原因とも言われており、もっとも注意すべき細菌です。

糖分

糖分

ミュータンス菌は歯に付着した糖分が栄養素となります。主に砂糖などの成分である糖分を栄養とし、酸を生成し歯を溶かしていきます。

時間

時間

食事や飲み物を口にしてからブラッシングまでの時間が長ければ長いほど虫歯を発症する危険は高まります。

虫歯の治療方法

C1

C1
歯の表面であるエナメル質がやや溶けていたり、黒ずみができている状態で、本人の自覚症状は殆ど見られません。 虫歯となってしまった部分を除去し、プラスチックレジンを詰めます。

C2

C2
象牙質と呼ばれる歯の内部、柔らかい部分にまで虫歯が進行した状態を指します。歯と歯の間に症状が見られるケースが多く、冷たい物や熱い物を口にすると染みることがあります。 患部に麻酔をかけ、虫歯となった部位を取り除きます。C1よりも明らかに虫歯が進行しているため、保険の金属や、セラミックインレーといった比較的強度のある詰め物を入れます。レジンを使用する場合もありますが、噛みあわせに関係ない部分に用いられることが多いです。前歯のような人から見られる歯では、変色を気にしてラミネートべニアを使用することもあります。

C3

C3
歯の中の神経にまで虫歯が進行した状態を指します。冷たい飲み物を口にすると激しくしみたり、咀嚼した際に痛みを感じるといった症状が出ます。自覚症状を感じることが多い状態です。 麻酔を患部にかけ、虫歯に侵された部分を除去し、神経の治療を行います。神経を取り除いたらしっかりと消毒し、薬を詰めた後に土台の補強やかぶせ物をします。見た目の綺麗さを回復するためにはセラミッククラウンを使用します。

C4

C4
根の部分だけが残り、歯の上部がなくなってしまった状態を指します。周りの歯茎が被ることにより歯茎が腫れたりし、根が確認できないこともあります。個人差はありますが自覚症状の出ないケースが多いです。 麻酔をかけ、歯を完全に抜きます。しっかりと抜歯した後、インプラントブリッジ、入れ歯を施すかどうかを選ぶことになります。

深い虫歯も治せます(根管治療について)

C4

虫歯による菌が歯の内部にまで侵入し、神経や血管といった部分が侵されてしまった場合、それを放置してしまうと歯を抜かなくてはならなくなります。しかし、抜歯という方法は最終手段でもあり、その行為による歯周組織への負担や周りの歯へのストレスが口腔内のバランスを壊してしまうこともあります。

C4

抜歯を避けるために用いる治療が「根管治療」と呼ばれるものです。歯の奥に存在する肉眼では確認できない根管(歯の根)から、汚染されてしまった神経や血管を除去し、内部から治療を行います。歯の根をしっかりと残し、可能な限り歯の寿命を長持ちさせるための治療が根管治療と呼ばれるものなのです。

大事な歯を抜かないために……

C4

歯の治療では、専用器具を使い、歯を削るケースも多々あります。歯科医院に足を運んだ際、歯を削る時の耳に残る器具音を嫌になるほど耳にしたことがある人もいるでしょう。歯はその性質上、一度削ると2度と元には戻りません。また、風邪や怪我と違い放置しておいても症状が改善されることはなく、悪化の一途を辿ります。その結果、削っては治しまた削っては治しといった繰り返しになってしまうのです。

症状が悪化すると、最終的には抜歯するしかなくなってしまいます。しかし、前述したように抜歯による周りの歯や歯周組織へのダメージは予想以上に大きなものです。できることなら抜歯という最終手段とならぬよう、できるだけ早くペンギン歯科へご相談ください。また、実際に痛くなってから慌てるのではなく、定期的に歯科医院で歯を診てもらうのも歯を守るためには重要なことです。

適切な予防が歯を守る。当院での予防治療はコチラ